消費者金融の利用履歴(事故情報など)について

消費者金融の利用履歴(事故情報など)は残る?

このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者金融から貸し付けを受けた際には、信用情報機関(JICCやCIC)に利用履歴が記載されます。特に返済金を延滞した場合、その情報がどの位の期間、登録されたままになってしまうのか、気になるところです。延滞を起こした場合は、JICC・CICとも5年間は情報がそのまま残ります。

実は申し込み情報は半年・取引に関する情報が5年


各信用情報機関のホームページによれば、消費者金融に申し込んだ際に、消費者金融側が信用情報を照会したという情報は、6か月間保有される事になっています。審査に通る・通らないは関係なく、申し込んだ際の照会の事実が記載されます。

よく「申し込みブラック」と言われるのは、短期間で多数の借入先に申し込みをした結果、しばらくどこの融資にも通らなくなる状態を指します。申し込み履歴が短期間に集中している場合に審査に通らない原因になりますが、審査情報が半年間残っているため、申し込みブラックの解消にも半年かかります。

一方、クレジット情報と呼ばれる、契約や取引情報・返済などの状況に関しては、おおむね5年間の保有になっています。延滞情報は、JICCは1年の保有となっていますが、CICが5年の保有としているほか、大手消費者金融ではJICC・CIC両方に加盟しているため、実質的に5年間情報が登録されたままになります。

完済から5年を経過すれば、利用履歴は消滅


消費者金融の契約・利用履歴情報が残る期間が5年間は残るということは、逆に言えば、5年を超えれば情報は消えてしまうので、消費者金融を利用した履歴自体が分からなくなります。

注意したいのは、借り入れをしてから5年、という意味ではないということです。完済した時点で「完済しましたよ」という情報が登録されます。この最後の情報が5年すると消える、ということなので、完済して完全に利用がなくなってから5年ということになります。

住宅ローンや自動車ローンへの影響は?


よく消費者金融を利用しただけで、将来住宅ローンなどが組めなくなるのではないかと心配するケースがありますが、住宅ローンを利用するのがどの時点か、といことで状況は変わると思われます。

まず、消費者金融から借り入れが現時点である場合は、多重の債務ということになりますので、貸し付ける銀行側も慎重に審査せざるを得ません。完済後の扱いは、銀行によっても差はあると思われますが、少なくとも完済から5年たち、情報が消えてしまった後は調べようがありませんので、心配はいりません。

自己破産や民事再生を受けた場合は要注意


官報に掲載される、破産や民事再生を行った、いわゆる事故情報がある人は、少し事情が変わります。銀行協会の信用情報機関では、それらの情報の登録機関は10年間になっています。法的に手続きを行なったケースでは、一般的な5年では情報がクリアになりませんので、事故後さらなるローンの利用は当面難しくなると知っておきましょう。

当サイトのおすすめ消費者金融ランキング!

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
消費者金融ランキング お金を借りる際の注意点 来店不要で申し込みできる