消費者金融から借りたお金の利用用途について

消費者金融から借りたお金の利用用途は自由?

このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者金融からの借り入れは、フリーキャッシングと呼ばれる種類に入り、読んだ通り利用用途を問われずに、自由に使えるという意味です。

銀行などでのローンは、住宅ローンや自動車ローンと言う風に、用途が決められている融資がありますが、消費者金融で借りたお金には、使用用途での縛りのようなものはありません。しかし、申し込みの段階で利用用途を聞かれた際に、何と答えても審査には影響ないかと言うと、実はそうでもありません。

申し込みの際には用途を問われます


フリーローンと呼ばれる消費者金融の融資ですが、申込み時には実際に用途を聞かれるようです。この際に競馬やパチンコなどのギャンブルや他社の借金返済に使う、といった理由では、審査に通る可能性はありません。

ギャンブルの愛好家は、常にひと山当てて大儲けをすることをイメージしていますが、本当は負ける確率の方が高いのです。ましてや借金をしてまで賭け事に興じるというのは、信頼できる行為とは言えません。このような理由では、いくらフリーキャッシングとはいえ、融資を受けることは難しいでしょう。

他社の借金返済に、と答える人は多重債務に陥っている状態です。やはり新たに貸し付けをしてくれる消費者金融はないでしょう。やはりあまりにも不健全な理由での借り入れ申し込みは、敬遠されます。

基本的な資金使途は「生計費」


消費者金融の大手A社のホームページによれば、フリーキャッシングの商品紹介のページに、「資金使途は生計費」と明記してあります。つまり、フリーキャッシングと言いながらも、その使い道は、「生計費でお願いします」とはっきりと記載されている、ということです。

生計費というのは幅広い意味合いとしてとらえられ、単純な生活費から、生活に関わるレジャー費用、旅行費用、ショッピングのための費用なども含まれた意味合いと考えられます。このようなことから、消費者金融で申し込み時に用途を聞かれた場合は、生計費やそれに準じた理由を告げていれば、一般的な利用目的として受け取られるはずです。

また、漠然と生活費というよりも、家族が急に入院してお金が必要、とか突然のお悔みごとで…とかいった具合に、突発的な理由の方が印象が良いらしいです。

生活費に使うと言えば、慢性的に金回りが悪い人かと思われる可能性もありますが、理由がはっきりとした、予想外の出費をアピールするのが有利になる、という情報もあります。

いずれにしても、ギャンブルなどの不健全な理由ではなく、きちんと生活者としての理由を告げた方が、まっとうな利用使途として受け入れられるでしょう。

当サイトのおすすめ消費者金融ランキング!

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
消費者金融ランキング お金を借りる際の注意点 来店不要で申し込みできる