消費者金融の怖い取り立てについて

消費者金融の取り立ては怖い?

このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者金融で借金をすると、暴力団などが取り立てにきて怖い目に合うという印象を持っている人がいますが、そのようなことはありません。古いテレビドラマやメディアで良くあるような、怖い取り立ては、実際には行われていません。

どうして暴力的な取り立ての印象があるのか


1970年代頃の映画やドラマでは、借金を払えなくなった人のところに暴力団風の人がきて、暴行を働くようなストーリーが実際に良くありました。そういったメディアに触れ続けたせいで、いまだに消費者金融の背後には暴力団がいるという間違った情報が、根強く社会に残っています。

かつて、消費者金融が「サラ金」と呼ばれていた頃には、滞った債務を債権ごと暴力団に売り払うといったことが行われていたようで、暴力団は買い取った債権を厳しく取り立てする構図ができあがっていました。これが社会問題になり、メディアでもよく扱われてことから、消費者金融で借り入れをすると暴力団が来る、といったイメージが定着したのです。

暴力的な取り立ては法律で禁止されている


現在の消費者金融は、貸金業法という法律で、暴力団員や暴力団に関係する組織と関連があると消費者金融として登録できないようになっています。また、関わりがある事がわかると、登録を抹消され、処罰の対象となるため、運営に暴力団などが関わる事はありません。

貸金業法では、暴力的な取り立てを禁止していて、下記のような行為も法に触れるため行なわれる事はありません。

  • 暴力的な行為を行う事
  • 大声を出したり、乱暴な言葉で威嚇したりすること
  • 大勢で押しかけて取り立てること
  • 理由なく夜間など不適切な時間帯に、電話をしたり押し掛けたりすること
  • しつこく電話などをする事
  • 張り紙などで借金やプライバシーにかかわる事を世間に知らせること
  • 勤務先などに押し掛けたりして、迷惑をかけること

現在の取り立ては事務的


もちろん、借金をして返済金を滞納したりすると、消費者金融から催促のアクションはあります。初めはハガキか電話で「入金のお願い」といったような連絡が来るようです。

それで入金出来ればよいのですが、諸事情で入金ができないと、入金を催促する電話が掛かってきたり、どうしても連絡が付かない人のところには、訪ねてきたりすることもあるようです。当然ながら、返済を滞納しているのですから、若干のお怒りの言葉をいただくことはあるでしょう。

しかし、それによって昔のテレビドラマの様に、暴力的な人が家にきて暴れたり、周囲の人にも迷惑をかけて回ったりするようなことはありませんので、安心してください。

当サイトのおすすめ消費者金融ランキング!

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
消費者金融ランキング お金を借りる際の注意点 来店不要で申し込みできる