消費者金融からお金を借りるリスクについて

消費者金融からお金を借りるのはリスクがある?

このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者金融からお金を借りるだけで、何らかのリスクを背負うと思い込んでいる人はいませんか?借りたお金をきちんと返済していれば、消費者金融から借金したせいで何かが不都合な事態になるという事はありません。しかし。あくまでも借金なので、返済が滞ると相応のリスクはついてきます。

返済期日に払えないとどうなるか?


金融機関から借金をすると、毎月の返済を滞りなく行う事が契約書に明記されていますが、これは消費者金融でも同じです。そして、返済が遅れた日にち分だけ、遅延損害金が通常の利息に上乗せされる形で請求されます。

遅延損害金とは、消費者金融側からすると損害賠償とか違約金といったようなもので、通常の利率よりも高く設定された損害金の利率で計上されます。消費者金融は、通常でも「借りやすいけど利率が高い」設定になっていますが、さらに利息がかさむことになります。

滞納歴があると信用情報機関に記載される


滞納が続けば、自分の信用情報に事故情報として記載されてしまいます。国内の消費者金融は主に「日本信用情報機構(JICC)」か、一部「シー・アイ・シー(CIC)」に加盟し、これらの機関から個人信用の情報提供と情報の収集を行っています。

融資を受ける時点でこういった情報機関から、貸し付けてよい相手かどうかを見極めるための情報が流れていますが、返済の滞納が続けばこういった情報機関に金融事故として登録されてしまいます。

滞納を続けると、将来ローンが組めない事態にも・・・


信用情報機関に事故情報として登録されてしまう事が、俗にいう「金融ブラック」扱いになってしまうという事です。金融ブラックになると消費者金融の今後の審査に関わるばかりか、将来的に住宅ローンや自動車ローンが組みにくくなってしまいます。

ブラックの記録は、完済したのちも少なくとも数年は残ると言われており、その間は新たなローンは組めなくなりますので、厳重な注意が必要です。

リスクを理解したうえで計画的に利用しましょう


借入金の返済が滞ると重大なリスクが発生しますが、これは消費者金融に関わらず、どのような形の融資にも言えることです。金融ブラックになる危険性を避けるためにも、借り入れた分の返済をきちんと行わなければいけません。

しかし、きちんと借りた分を返済していく分には、過剰にリスクを感じる必要はありません。消費者金融を利用する際には、返せる金額かどうかを見極めて、計画的に利用をしてきましょう。

当サイトのおすすめ消費者金融ランキング!

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
消費者金融ランキング お金を借りる際の注意点 来店不要で申し込みできる