消費者金融の勤務先への電話(在籍確認)について

消費者金融から勤務先に電話(在籍確認)はある?

このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者金融でお金を借り入れる際には、いわゆる勤務先への「在籍確認」から逃れることはできません。どの消費者金融でも、必ず在籍確認は行われますので、「在籍確認のない消費者金融はないだろうか」と探すことは意味がありません。

在籍確認とは?


在籍確認とは、読んだ通り、借り入れを申し込んだ本人が、書類にあるような職場に実際に勤務しているかどうかを調べるためのものです。

実際に申し込み書類にある職場に直接電話をかけて、記入された勤め先や職業に偽りがないかを調べてます。まれにウソの住所や職業を書き込んで融資を受けようとする人がいるので、それを防止するために行われます。

勤務先に電話をされると、借金がばれるのでは?


このように心配をする人は少なからずいます。しかし、消費者金融側もプロですから、勤務先にばれないような最大限の配慮をしてくれます。一般的には、保険の外交員を装ってくれたり、家族や知人を装って個人名で掛けたりしてくれることが多いようです。

また、男性宛てに女性から個人名で電話があったり、逆に女性宛てに男性から電話があったりするのが不都合な場合は、「男性の係員で」「女性の係員で」とお願いすることも可能です。消費者金融サイドも、在籍の電話に関しては色々と協力してくれるようなので、むやみに心配せずに相談するようにしてみましょう。

自営業の場合はどうなるの?


自営業者の在籍確認は、お店や会社を構えている場合ならともかく、個人事務所やSOHO のような働き方をしている場合は消費者金融側にしても難しい問題です。どうしても確認できない場合は、確定申告書などで営業実態があるかどうかを調べる場合もあるそうです。

消費者金融によっては、自営業者対象のカードを設定してあるところもありますので、個人経営の人はいざというときのために、確定申告書などの書類をあらかじめ用意しておくのも一案です。

「ウェブ完結」で「勤務先に電話をしません」という広告を見かけますが?


最近WEBのみで手続きが完了することをうたっている消費者金融があります。これは指定の金融機関に口座を持っているのが大前提で、提出書類も本人確認書類だけでなく、収入証明書や、電話による在籍確認に代わって勤務していることを証明できる書類(社員証や保険証)などを用意する必要があり、通常の申込みよりもかなり手間がかかります。

急に借り入れが必要になった際に、即座にWEBのみの手続きで対応してもらえるほど簡単にはなっていないため、どうしてもWEBのみでの申し込みをしたい場合は、前もって準備をしておく必要があり、気軽に申し込み出来る方法ではなさそうです。

当サイトのおすすめ消費者金融ランキング!

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
消費者金融ランキング お金を借りる際の注意点 来店不要で申し込みできる