消費者金融の基礎用語

その他の豆知識

消費者金融の元金とは、金銭を貸借する際の利息を含まない、貸し借りをした元のお金、という意味です。例えば10万円を借り入れした場合、実際の返済には10万円に利息分がプラスされた金額になりますが、この場合の元金は10万円である、ということです。元金をどのように返済するかが重要元金という言葉をしっかりとらえる必要があるのは、借入金の返済方法について考える際でしょう。借金をした場合、どのような返済方法があ...

消費者金融の遅延損害金とは、返済金を返済期日までに支払えなかった場合に、遅れた日数分だけ金融機関に対して支払う損害賠償金のことです。返済期日に支払わなかったことで、借主としての義務が果たせず、契約不履行という扱いになります。未払いで金融機関に与えた損害を賠償する、という意味合いのお金です。遅延損害金はどのくらいの金額になるのか損害賠償金、と言っても、個々のケースで具体的に遅延損害金を算出することは...

消費者金融での利用限度額とは、その会社の審査を受けた結果、実際に借りられる額の上限額という意味です。審査を受けた結果決まる額なので、申し込んだ個人ごとに金額が設定されます。広告に書いてある限度額は契約極度額のこと消費者金融のホームページなどを見ると、「限度額500万円」とか「300万円まで融資可能」といった記載を見かけます。これを見ると、これだけ十分な額を貸してくれるなら何があっても安心、と思って...

消費者金融の「融資枠」とは、別の言い方で「借り入れ限度額」とも言いますが、これらは借り入れの審査の結果、実際に融資が可能な限度額のことを指します。消費者金融のHPで見る「融資額」とは別物?良く消費者金融のHPや広告で、「融資限度額300万円」とか「500万円」と言う金額を見かけることがあるでしょう。「これだけ貸してくれるのなら、いざというときも安心」と感じてしまいますが、実際に申し込みをしてみると...

消費者金融の広告などを見ると、「無人契約機」という言葉をよく聞きます。無人契約機とは、文字で見た通り人がいない契約機、という意味です。別名「自動契約機」とも表しますが、具体的にはどのような仕組みになっているのでしょうか。「無人」と言っても実は…無人契約機というと、その機械そのものが、自動的に審査を行って貸付をしているようなイメージを持つ人がいますが、それは大きな勘違いです。無人契約機は、係員に対面...

消費者金融には、その成り立ちによっていくつかの種類があります。大きく分けて「専業消費者金融」「銀行系消費者金融」「信販系消費者金融」の3つに分けることが出来ますが、それぞれどのような特徴を持つのかを見てみましょう。消費者金融の分類専業消費者金融とは?よく広告で見かける大手の消費者金融の多くが、この専業消費者金融に入ります。そもそも消費者金融とは、個人への小口融資に特化した金融会社で、銀行がやってい...

いわゆる改正貸金業法が2010年に完全施行されたことは、多くの人が知るところですが、それ以前の消費者金融での融資には、グレーゾーン金利と呼ばれる、利息制限法の上限金利を超えた高利が適応されて、社会問題化していました。グレーゾーン金利の仕組みについてみてみましょう。利息制限法と出資法の狭間で…金利計算には、利息制限法と出資法の双方の解釈が関係してきますが、以前は双方の制限金利の間に差があり、この間の...

page top