消費者金融のブラックについて

消費者金融のブラックとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
よく「消費者金融ブラック」とか「ブラックリストに載る」という言い方を見聞きしますが、これは総量規制や返済の滞納などで個人信用情報機関に金融事故として情報が記録されてしまった人のことを指します。俗にブラックリストと言っても、なにか一覧表のようなものがあるわけではなく、個人情報機関に事故情報が記載される事を「ブラックリストに載る」という表現をします。このように呼ぶ理由は諸説ありますが、金融事故を起こした人のデータシートが、書き込みで真っ黒になる事に由来しているという説が有力です。

金融事故とは?


金融事故とは、一言でいうと融資を受けた際に、著しく信用を損ねるような行為をした、という事です。一番に挙げられるのが、返済金の延滞です。延滞を何度も繰り返したり、長期の延滞をしたりした場合は、金融事故として扱われます。61日以上の延滞を引き起こすと、長期延滞として個人情報に記載されます。

金融ブラックになるとどうなるか?


金融ブラックになるとブラックの記録が消えるまで新たな融資やローンの申し込みが出来なくなります。「単に新たな借り入れができないだけか」と思ったら、それは危険です。ローンが組めないという事は、クレジットカードを作る事はもちろんのこと、自動車のローンや住宅ローンも全く組めなくなります。ブラックの記録が消えるまでには、5年〜10年は掛かると言われています。後々の人生計画にまで影響を及ぼす金融ブラックには、注意が必要です。

申し込みブラックにも注意!


申し込みブラックとは、一度に何社もの消費者金融に申し込みをしてしまった人、つまり多重申し込み者のことです。だいたい一か月内に3社を超える場合に申し込みブラックになると言われてきましたが、最近では2社でもアウトのところもあるようです。数撃てば当たるとばかりに、1社がダメですぐ次に申し込んで…ということを繰り返していると、申し込みブラック扱いになり、その後1か月〜半年程度は申し込みを全く受け付けてもらえなくなります。

ブラックOKの消費者金融はありません


インターネットで検索すると、「ブラックが申し込める消費者金融」といった情報がたくさん上がってきます。しかし、金融ブラックになった人に貸し付けてくれる消費者金融はありません。金融ブラックにならないためには、そもそも借り入れの際に、きちんと返せる分だけしか借りない、という事が大切です。計画的な利用を各消費者金融が勧めていますが、最近では業者のホームページ上で返済の試算(返済シュミレーション)ができるので、やみくもに申し込まず、事前に確認するようにしましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新の消費者金融ランキング!


 
消費者金融ランキング お金を借りる際の注意点 来店不要で申し込みできる